×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会社法屋の書き物

since 2011年12月31日



民主党が「公開会社法」の骨子を発表した時、「こんなアホらしいものが進められるわけがない」と思った。
しかし、2011年夏、法制審の会社法部会でその延長線の議論が進められていることを知って愕然とした。
そして、議事録を読み進めると、危機感が一層つのった。
既存の会社法の枠組からの乖離、パッチワークのような統一性のなさ、問題点の絞り込み不足や絞り過ぎ、立法事実と対策のアンマッチ・・・。

そこで、中間試案に進む前にその改善を求めるべく、10月に法制審への提言を作成し、法制審の学者委員数人に郵送した。
しかし、さほどの改善もなく、中間試案は発表されてしまった。
そこで、私としては、パブコメに意見を提出するとともに、その意見をここに公表し、世の皆様の議論のたたき台としていただこうと考える。

その後の議論についてもこのサイト及びブログでフォローしていきたいと考えている。




2011年12月中間試案パブコメ特集ページ

ブログ


作成文書
2011年10月法制審への提言
2011年12月パブコメへの意見
2014年監督論


このサイトの作者について